立体視

立体視のクロス法(交差法)のやり方・コツ

昨日、生まれて初めて立体視のクロス法(交差法)ができたから、そのやり方・コツみたいなものをシェアするよ。

特に以前のオレみたいに、パラレル法(平行法)はできるけどクロス法(交差法)はできない、っていう人は読んでみてね。

立体視のクロス法(交差法)のやり方・コツ

公式のやり方

いちおう、公式にいわれてる立体視のクロス法(交差法)のやり方も簡単に書いていくよ。

下は『新装版 マジック・アイ・エクササイズ』に書いてあるのを簡単にまとめたものだよ。

  1. 本を無理なく読める位置に離す。だいたい30~35センチくらいが適当。
  2. 少し寄り目にして、画面上部の2つの点が3つに見えるようにする。
  3. それが難しければ、画像と顔の中間地点に鉛筆を立て、鉛筆の先に焦点を合わせるようにする。
  4. 画面上部の2つの点が3つに見えるまで続けて、3つに見えたらその状態をキープしてると、徐々に立体画像が現れる。

ってことなんだけど、直近で成功したオレが思うコツもプラスアルファーで書くから、今までできなかった人はそれを読んでみてね。

クロス法(交差法)という名前

あとクロス法はその名の通り、「視線がクロスする」ってことで名前がついてるけど、それも気にしない方がいいよ。

実際に成功しても「視線がクロスしてるな」って感覚はまったくないから。(少なくともオレの場合はなかったよ)

だから意識的に「視線をクロスさせよう」って気張ってもできないし、成功しないと思うから、そこはスルーしていいからね。

クロス法(交差法)の名前にとらわれない

2枚絵よりも1枚絵の方が成功しやすい

まず一番最初に、クロス法(交差法)に使う3D画像は、2枚の同じ絵が並んでるものより、モザイク画みたいな1枚絵の方が成功しやすいから、クロス法用の1枚絵画像を用意してみてね。

※「1枚絵」「2枚絵」といってるのは次のようなイメージの絵だよ。

1枚絵

↓2枚絵↓

ここで出したのはオレが例示のために持ってきた、あるいは自作したもので、プロが作った立体視用の絵じゃないから注意してね。

1枚絵はモザイク画みたいなヤツが多くて、2枚絵は間違い探しみたいな構図のヤツね。

↓下のYouTube動画でもいいかも。オレはPCで全画面にしたらできたよ。

ただ上の画像だと、紙の3D絵でやった時より3D感は低かったから、手元に1枚絵の3D用画像があるなら、それを使ってみて。

前に購入した立体視本で1枚絵があるなら、そっちを使った方がいいと思うよ。

ところで何で1枚絵をお勧めするかっていうと、オレが初めて成功したのが1枚絵で、いまだに2枚絵の画像ではクロス法ができないから。

ってことは難易度は1枚絵の方が低いってことだよね。

だからみんなにも1枚絵をおススメするよ。

あと付け加えれば、今言った通り、オレがこれから解説するやり方はこの1枚絵で成功したやり方だから、もしかすると2枚絵で同じやり方すると上手くいかないかもしれないってこと。

それも頭に入れた上で先を読んでね。

絵と顔(目)のちょうど中間地点に指・ボールペンを出す

じゃあいよいよ立体視を始めるわけだけど、まず絵と自分の顔(目)は適度に離して画像を見る。

さっきの公式のやり方では30~35センチが適当って書いてあったけど、ここでの距離は厳密にこだわらないで自分が見やすい位置でいいと思うよ。

次に、顔と絵のちょうど中間地点に鉛筆やボールペンをかざすんだけど、別に自分の指でもいいし、焦点を合わせやすくて完全に視界を遮らない程度の細いものなら何でもOKだよ。

顔と絵のちょうど中間地点っていうことは、絵と顔が40センチ離れてるなら20センチの地点にボールペンを出すってことだね。

これも別に定規で測ったりせずに、だいたいでOKだよ。

指・ボールペンに焦点を合わす

そしてその指・ボールペンに焦点を合わす。

で、ここからがオレが一番大事だと思うポイントなんだけど、やり方として「ボールペンに焦点を合わせてからボールペンをどかす」って説明されることがあるけど、ボールペンはずっとそのままでいいよ。

なぜなら、どかした瞬間に画像の方に焦点が映っちゃうから。

焦点を合わせたボールペンや指はそのままで立体視すること。

あと、「(最終的に指やボールペンはどかす」って説明すると、まだ見えたことのない人は「どかさないと見えない」って誤解しちゃうかもしれないから、その説明は避けるべきだと思うんだよね。

オレの実体験からいえば、ボールペンはそのまま置いてた方が見やすいよ。

指・ボールペンの背景にある画像はほぼ無視でOK

あと公式には、指・ボールペンに焦点を合わせて後ろの画像もボンヤリ意識するっていうけど、後ろの画像はほぼ無視してていいよ。

実際の意識としては、ボールペン:画像 が、8:2 や 9:1くらいの感覚だけど、ホントに自然に見える程度でいいからね。

指・ボールペンに焦点を合わせても、最低限は後ろの背景が見えちゃうけど、その程度で十分、立体視はできるから。

無理に「後ろの絵も意識しなきゃ」って思うと、人間ってボールペンじゃなくて後ろの絵を見ちゃうから、ボールペンにだけに集中しとけばいいってことね。

指・ボールペンに焦点を合わせていると…

ここから、感覚的にはこういう風になるってのを説明するよ。

絵と顔(目)の中間地点に置いたボールペンを見て、じっと焦点を合わせていると、徐々にその背景の画像がぼんやり歪んでくるような感覚を覚える。

そこで「おっ?来たか?!」って慌てて画像の方に焦点を合わせると失敗するから、そのままボールペンに焦点を合わせて耐える。

すると、勝手に向こうから立体が飛び出してくる。

飛び出してくる位置はちょうどボールペンと同じぐらいの位置に飛び出してくるからね。

意識としては「こちらが見に行く・迎えに行く」んじゃなくて、「向こうが飛び出してくるのを待つ」っていう、待ちの意識でやってみてね。

ボールペンに焦点を合わせて耐え続けて、向こうが飛び出てくるのを待つってことだね。

ただ「待ちの意識」って言っても、何の変化も起こる兆しもないのにひたすら耐えるってことじゃないからね。

もしボールペンの背景の画像に何の変化も起こらないなら、ボールペンの位置が間違ってる可能性もあるから、ボールペンを前後に少し動かして適切な位置を探ってみるといいよ。

成功した場合の図

絵にしてみたけど、成功するとこんな風に見えるよ。

背景の黒枠は絵なんだけど、そこから立体(図の赤部分)が飛び出てくる。

その立体は目の前にあるボールペン(図の青部分)を避けるように見える。

何で立体ボールペンを避けるかっていうと理屈は簡単で、ボールペンは実際にはそこにはなくて飛び出てるように「見える」だけだから、実際に眼の前にあるボールペンを越して飛び出ることはできないってことなんだよね。

クロス法(交差法)のコツ

ってことで、オレが思うクロス法(交差法)のコツをまとめると、

  • 2枚絵よりも1枚絵でチャレンジ
  • ボールペンを絵と顔の中間地点に置いて、最後までどかさずそのまま見る
  • ボールペンに焦点を合わせて後ろは気にしない
  • 背景が歪む変化が起こってもボールペンに焦点を合わせたまま耐える
  • 待ちの意識(立体画像を自分から迎えに行かない)
  • それでも変化が起こらなければボールペンを前後させて適切な位置を探る

こんな感じになるかな。

できるようになったらボールペンはなくしてもいいらしいけどね。

オレはまだその段階まで行けてないけど(笑)

本日のアフィリエイト:『マジック・アイ・エクササイズ』

じゃあ本日のアフィリエイトは、オレが初めてクロス法(交差法)を成功させることのできた立体視本『マジック・アイ・エクササイズ』にしようかな。

ただ、この本でもクロス法の画像は2枚(両方1枚絵)しかないから、クロス法だけをみっちり練習したいって人は、別の本を探した方がいいかもね。

たしか視力回復カイフ氏が紹介してたから買ったんだけどね。

https://output11.com/torikaesi/

Amazonレビューでも「あるブログで紹介されてた」って書かれてるね。

非科学的なことが書いてたから現在は読んでない」とも書いてるけど(笑)

今回はそんなところ。

ではね。