アフィンガー5

アフィンガー5(WING)の投稿エディタで「書式設定をクリア・元に戻す」ボタンをつける

アフィンガー5(WING)はアフィリエイターの間では大変に評判の高い有料WordPressテーマです。

悪く言う人はほとんどいないと言ってもいいでしょう。

しかし私は使ってみて最初はかなり戸惑いました。

その主な理由は、以前は投稿エディタでデフォルトで当たり前のように使えたボタンがなかったからです。

ちなみに私はWordPressを無料テーマの「Simplicity2」(シンプリシティ2)、次いで「Cocoon」(コクーン)から始めました。

「Simplicity2」や「Cocoon」にはデフォルトで「書式設定をクリア・元に戻す」ボタンがついています。

アフィンガー5(WING)にはデフォルトではこれらのボタンがありません。

そのために私は、「あれっ?何でないんだ?」とかなり戸惑ったのでした。

しかし、この悩みは「TinyMCE Advanced」というプラグインを入れることで一発で解決しました。

アフィンガー5(WING)のデフォルトでは「書式設定をクリア」「元に戻す」ボタンがない

こちらが「Cocoon」の投稿画面のビジュアルエディタです。

 

そしてこちらがアフィンガー5(WING)のデフォルトの投稿エディタ画面(ビジュアル)です。

見ての通り、「書式設定をクリア・元に戻す」ボタンがありません。

このボタンがないと投稿でかなり不便すると思います。

しかしこれはプラグイン「TinyMCE Advanced」をインストールすることで一発で解決します。

プラグイン「TinyMCE Advanced」で一発解決

それではプラグイン「TinyMCE Advanced」をインストールします。

インストール方法はいつも通り、
プラグイン > 新規追加 > 「TinyMCE Advanced」で検索 > 今すぐインストール > 有効化
という手順です。

そして有効化して切り替わった投稿エディタがこちら。

設定を何もしないでも、ちゃんと「書式設定をクリア」「元に戻す・やり直す」ボタンがあり、それだけでなく他の色んなボタンもできました。

 

結論

というわけでアフィンガー5(WING)を使う場合は、慌てて「あのボタンがない!」と騒がずに、まずはプラグイン「TinyMCE Advanced」をインストールしましょう。

(私は結構これに気づくまでに時間がかかりました…汗)

以上になります。