書籍

『バシャールのワクワクの使い方 実践篇』ポイントまとめ

本田健さんが監修した『バシャールのワクワクの使い方 実践篇』を読んだから、ポイントをまとめてみるよ。

誰にとっても重要だろうという点もピックアップしたけど、基本的には自分の琴線にふれた部分を大事にしてまとめた主観的なものだから、その点はご理解下さい。

黒太郎
黒太郎
客観的なポイントなんてオレには分かんないよ!
バカヤロー!

失礼。では始めるよ。

『バシャールのワクワクの使い方 実践篇』ポイントまとめ

複数の書籍をまとめたもの

まず『バシャールのワクワクの使い方 実践篇』は、これまで出たバシャールの複数の書籍をまとめて、そこに本田健さんの解説を加えたものだよ。

だからその複数の書籍を全部読んだことのある人には、特に新しいことは書いていないかもね。

その複数の書籍ってのは以下。

『バシャール・ペーパーバック①~⑧』
『BASHAR GOLD(バシャールゴールド)』
『BASHAR 2006』
『バシャール スドウゲンキ』
『バシャール×坂本政道』
『未来は、えらべる!』(本田健と共著)

『バシャールのワクワクの使い方 実践篇』は、これらの書籍のいいとこの詰め合わせみたいな感じかな。

じゃあ、ここから書いてある内容で大事だと思うポイントをまとめていくよ。

宇宙のたった一つの法則:人は与えるものを受け取る

本の序盤で、バシャールは「宇宙には、たったひとつの法則しかない」と大胆なことを言ってる。

その法則ってのは、

自分の与えるものが自分の受け取るもの。

ってことなんだって。

この言葉は『BASHAR GOLD』にあるものだよ。

要するに「他人に与えることを惜しんじゃいけない」ってことだよね。

逆に、「人に与えることは自分が失うことだ」っていう感性じゃ、いつまで経っても自分自身が豊かになれないままだ、ってことだよ。

自戒の念もこめて言うけど、結構そういう人いるんじゃないかな?

ニセ・ワクワクに騙されるな

バシャールといえば、「ワクワクすることをやりなさい」っていうメッセージが超有名だよね。

ところが、バシャールは「ニセ・ワクワクに騙されないように」っていうことも言ってる。

それは「苦痛を隠すための快楽」だったりするらしいんだけど、確かにすべての人が本物のワクワクをすぐに見つけて追及してるなら、もっと幸福な人が多いはずだもんね。

オレが思うに、もっともありがちな「ニセ・ワクワク」の一つは、「承認欲求や虚栄心が満たされること」と「ワクワク」を混同しているケースじゃないかな、と思うな。

自分の経験から言ってもそうだね。

あと、地球の多くの人は「お金」にフォーカスしがちだけど、「お金」を手に入れてからしたいことが本物のワクワクだから、これも「ニセ・ワクワク」とまでは言わないけど、一種のワクワクへの勘違いになるんだろうね。

これらのことは『BASHAR 2006』なんかに書いてあるらしいよ。

あなたは創造主

バシャールは、人間は創造主に似せて創られていて、あなた自身が創造主だから、信じると叶うようになってるのはそのためだって言ってる。

これは『バシャール・ペーパーバック①』なんかに書いてあるらしいよ。

スピリチュアルな教えとか自己啓発とかって、けっこう共通点あったりするよね。

「あなた自身が創造主」ってところ、なんか『奇跡のコース』を思い出して面白かったな。

(『奇跡のコース』はあまりにも冗長だから読むのはおススメしないけどね。初心者が読むなら解説書からにした方がいいと思うよ)

現実は心の鏡

バシャールは「物理的な現実はあなた自身の鏡」だって言ってる。

だからそれを変えたければ、自分自身が変わらないといけないんだって。

この譬え、すごく分かりやすいと思うんだけど、「現実を変えよう」とか「現実(状況)が変わったら」って願うのは、自分のしかめっ面が映ってる鏡に向かって、「あんたが笑ったらオレ(私)も笑うよ!」って言うのと同じなんだって。

これ、すごく分かりやすい譬えだよね。

自分(心)が笑えば、鏡(現実)の中の自分も笑うってことだね。

バシャールは「心」という表現じゃなく「皆さんの状態」とかそんな表現を使ってるみたいだけど、これは『バシャール・ペーパーバック⑦』に書いてあるみたいだよ。

ワクワク難民へのアドバイス

オレもそうなんだけど、「ワクワクすることが見つからない」「ワクワクすることが何か分からない」っていう「ワクワク難民」の人もいるよね。

でもバシャールは「本当にワクワクしていなくても、最初はワクワクすることにワクワクしていると思います。それで充分です」って言ってるよ(『バシャール・ペーパーバック④』)。

そして、身近な小さなワクワクを追いかけることで、芋づる式に本物のワクワクに近づいていくから、毎瞬毎瞬、その時の一番のワクワクを行動に移せばそれでいいんだって(『BASHAR GOLD(バシャールゴールド)』)。

なりたい自分と同じように振る舞う

またバシャールは、なりたい自分と同じように振る舞うように振る舞うべきって言ってる。

だから豊かな人になりたいなら、スーパーなんかでセコセコ倹約しない方がいいんだって。

これは悪く聞くと一挙に浪費に走りそうな危険な教えだよね(笑)

でも、これは自己啓発で言う、「フェイク・イット」って技法と同じで、理想の自分と同じように振る舞うことで現実に理想の自分になれるよってことだね。

(『バシャール・ペーパーバック⑥』)

ワクワクしてる時は老化しない

これは参考になると言うより「なるほど!」って思ったことなんだけど。

バシャールは、ワクワクすることを行動に移すと時間が経つのを忘れる、たとえば3時間が1時間に感じる、これは単に体感上のことだけでなく、その人は実際に1時間分しか年老いてないんだって。(『BASHAR 2006』)

たまに、「えっ?この人○○歳なの?! どう見ても10~15歳は若く見えるんだけど……」って人いるよね。

そういう人はきっと、自分が好きなワクワクすることをやり続けてるから、あまり年を取ってないってことだね。

逆に「年の割にやけに老けてるな、この人」っていう場合は、きっと嫌なことを「まだかな、まだ終わらないかな」ってジリジリしながら時計と睨めっこしてやり続けたせいで、老けてしまったのかもしれないね。

ワクワクを行動に移せば100%実現する

本の終盤でバシャールはこんな心強いことを言ってくれてる。

自分の夢やワクワクすることを実際に行動に起こし始めたら、
それは必ず実現化します。
私は100%保証します。
約束します。

(『BASHAR GOLD(バシャールゴールド)』から)

本当かな~~??って(笑)
いや、疑うのは詰まんないから止めようね(笑)

ワクワクしないからね。

最後に

『バシャールのワクワクの使い方 実践篇』まとめ

まとめるとこんな感じかな。

『バシャールのワクワクの使い方 実践篇』まとめ
  • あなたは与えたものを受け取る
  • ニセ・ワクワクに騙されない
  • あなたは創造主なので信じたことは叶う
  • 現実は心の鏡
  • 身近なワクワクを追い求めると芋づる式に大きなワクワクが見つかる
  • なりたい自分と同じように振る舞う
  • ワクワクして行動するとその分老化しない
  • ワクワクを行動に移せば100%実現する

こんな使い方も

一番最初の「はじめに」で、監修の本田健さんは「パッと開いてそこに書いてあることでインスピレーションを得られるかも」っていう本書の使い方をアドバイスしてるよ。

オレも読む前にいきなりやってみたら、114ページの「それでも、過去を否定しない」というタイトルのページが出たんだ。

それを見て「ああ、こんなオレでも自分を卑下することないんだな。恥ずかしい黒歴史のような過去も含めて、過去は必要なものなんだな」って少し慰められたよ。

みんなも良かったらやってみてね。

今日はこれでおわり。

ではね。