WordPress

Windowsでキーワード順位を調べるならGRC

ブログやアフィリエイトで収益を上げるなら、自分の記事が狙ったキーワードでどの程度の順位にあるのか調べる必要があります。

Windowsユーザーなら、GRCという優れたツールを使うのがもっともポピュラーかつ信頼性が高いと言われています。

この記事ではその優れた検索順位チェックツールGRCをご紹介します。

大量のキーワード順位を調べるためにはキーワード順位検索ツールは必須

キーワード順位は手動でも調べられます。

方法は検索窓にキーワードを入れて検索する。それだけです。

また絶対に大量のキーワード順位を調べなければならないかというと、そうでもない場合もあります。

例えば私が実践したトレンドブログでは、キーワードはせいぜい直近の3~10くらいの記事の順位が把握できればそれでいいでしょう。

私はそれですら滅多に調べなかったほどですが(さすがにそれはあまりにも怠惰ですが・・・)。

しかし、アフィリエイトなどで本当に真剣な収益化を目指すなら狙ったキーワードすべての順位を調べたいところです。

トレンドブログのように一過性のアクセスに依存するのでなく、継続的に特定のキーワードの上位表示を狙う場合、常にそのキーワードで上位に食い込むことができたか、また上位に食い込んだらそこから落ちていないか、を把握する必要があります。

順位が明らかに落ちたなら、ライバルに抜かれたということなので、ライバルチェックをし、そのライバルの良いところを盗んで改善する、ということもできます。

GRCの使い方

基本的な使い方もシンプルです。

編集 > 項目新規追加 を押します。

そしてサイト名・URL・キーワードを入れてOKを押します。

URLはあくまでサイトのもので、それさえ入れれば個々のページのURLを入れる必要はありません。

あとは実行 > 順位チェック実行 などを選べば勝手にチェックしてくれます。

キーワード数が増えるほど時間はかかるようになりますが、他の調べものするなり記事を書くなりして時間をつぶせばOKです。

順位が上昇したのは赤い矢印で表示され、落ちれば青い矢印で表示され、順位変動のグラフなども自動的に作成されるので視覚的・直観的にキーワード順位が分かります。

また指定時刻に順位をチェックするなどの設定も選ぶことができます。

使い方やダウンロード方法は下の動画を参考にしてもいいでしょう。

GRCの料金:おススメはスタンダードプラン

GRCの料金はこのようになっています。

項目を一つずつ説明していきます。

まずURL数とはサイト数を意味しています。したがって(ありえない話ですが)ページのURLではありませんので安心してください。

また検索数はキーワードの数で、例えば「脱毛 男性」のような複合キーワードでも一つと数えます。

上位追跡では、登録したキーワードの上位履歴を丸ごと記録してくれます。つまり精密なライバルチェックが可能です。

ほとんどの人はせいぜいここまで把握すれば十分使えると思います。

それでもいちおう他も説明すると、まずリモート閲覧 はLANで繋がっている他のPCのGRCのデータを閲覧する機能です。ほとんどの人は使わないでしょうからあまり気にしないでいいでしょう。

CSV自動保存は、「順位チェック完了時に自動的に順位データCSVファイルを出力する機能」と説明されています。
おそらくこれは、順位チェックごとに毎回自分の順位記録をPCに残すのでしょうが、最も高価なプランにしかつかず、ほとんどの人は使わないと思います。これも気にしなくていいです。

プランは好き好きではありますが、期間は1年なので、ベーシックプランでサイト数(URL数)が5、検索語数が500では少し心もとないところです。

それくらいの枠は本腰を入れてやればすぐに埋まいそうな気がします。

まずはスタンダードプランあたりがちょうどいいのではないでしょうか。(ちなみに私もスタンダードプランにしてます)

キーワード順位を調べないのは目をつぶってバットを振るようなもの

キーワード順位を調べないで記事を書くというのは、例えていえばバットを振った(記事を書いた)けどボールにヒットした(上位に入った)かどうか確認しないのと一緒です。

必ずしも有料でなければならないということはありませんが、ブログ・アフィリエイトを副業や本業としてやっていこうというなら、サーバー、ドメインに次ぐ最低限度の先行投資といえると思います。

検索順位をボタン一発で調査、記録。検索順位チェックツールGRC

他に評判のいい順位チェックツールにRank Tracker(ランクトラッカー)があります。

こちらを利用するのも有です。

Rank TrackerはWindowsだけでなくMacにも対応してるので、もしMacユーザーならなおさら検討するべきだと思います。

Rank Tracker(ランクトラッカー)