気紛れ3シリーズ

世界を変えるかもしれない3つの思想

今回のテーマは「世界を変えるかもしれない3つの思想」で書くよ。

個人的に、「この思想が当たり前になったら、世界は今とはまったく違うものになってるだろうな」って思うものがあるから、それを3つ挙げてみたよ。

世界を変えるかもしれない3つの思想

自己責任論

一つは自己責任論。正確には完全な自己責任論だね。

「自己責任」って言葉は、例えば中東でイスラム過激派に人質にとられた人に「自分から出かけたんだから自己責任だろ」って感じで安易に使われることもあるけど、ここではそういう意味じゃない。

もっと極端な自己責任論、「この世界で起こることのすべては自分の責任である」、あるいは「自分が体験することのすべては自分の責任である」っていう思想のこと。

この自己責任論の暗い側面は、インドのカースト制に代表されるような、「あなたが苦しんでいるのは前世の行いが悪かったから自業自得」的な発想だよね。

ただ、今言及している自己責任論は、そういう暗いものではなく、もっとポジティブなものなんだけど。

つまり、もし「すべての責任が自分にある」んなら、目の前で起こったことは本来自分がコントロールできるってことになるよね。

言い換えれば、自分には目の前で起こることを変える力があるってことになる。

オレがこの自己責任論を初めて知ったのは、ハワイのスピリチュアルな技法「ホ・オポノポノ」、正確には「セルフアイデンティティ・ホ・オポノポノ」を通じてなんだけど。

「セルフアイデンティティ・ホ・オポノポノ」はハワイの伝統的な心理療法に現代的な改良を加えたもの。意識の表層に浮かび上がったものすべてに「ありがとう・ごめんなさい・ゆるしてください・愛しています」の4つの言葉に代表されるクリーニングツールでクリーニングすることで問題を解決できるとする。

こういう自己責任論はかつては夢想だにされなかったと思うよ。

そしてこの自己責任論をポジティブに用いるために重要なのは、自己にすべての責任があると言いつつも、「責任がある」というより「原因がある」というニュアンスで受け取るべきってことかな。

だってそうじゃないと、カースト制の場合みたいに、悪いことが起こった場合に自分を「責める」ことになってしまうからね。

目的論(原因論の否認)

二つ目は、これも前のものに似てるんだけど、目的論、あるいは原因論の否認だよ。

これは『嫌われる勇気』を読んだ人は覚えてるんじゃないかな。

オレもこの本で初めて知ったんだけどね。

ここでの目的論ってのは、心理学の医療的な部分でいえば、「患者はある目的を果たすために特定の症状を身に着ける」っていうことになる。

例えば(いい例えか分かんないけど)毎朝頭痛がして学校に行けない子供がいる。

でもその子は「頭痛」という原因によって「学校に行けない」っていう結果を招いているというより、「学校に行かない」という目的を果たすために、「頭痛」という症状を自ら引き起こしているってことだね。

  • 原因論: 頭痛(原因)⇒ 学校に行けない(結果)
  • 目的論: 学校に行かない(目的)⇒ 頭痛 ⇒ 学校に行かなくて済む

なぜこの「原因論」から「目的論」への転換がすごいことかっていうと、自己責任論の場合と同じく、前者の原因論よりも、個人に対して状況をコントロールできる力を認めているから。

もし原因論が正しいなら、人間は過去に形作られた呪われた運命から解放されない。

なぜなら、過去は変えることができないから。

一方で目的論が正しいのなら、未来は現在その人が無意識・有意識に抱えている意図に沿って刻々と作られているのだから、現在を変えることで未来を変えることができることになる。

だから、変えることのできない過去のために未来永劫苦しみ続けるっていう必然性はなくなるわけだよね。

ベーシックインカム

最後は、思想というより制度なんだけど、制度の背後にはそれを正当と見なす思想があるってことで、これを紹介するね。

それはベーシックインカム

ベーシックインカムは、生活保護とか無関係に、すべての人に月々10万円程度のお金を無償で配るっていう破天荒な制度のこと。

やばくない?これ。

しかも、これは今一部ではけっこう大真面目に議論されてるんだよね。

例えば、2チャンネル創始者の「ひろゆき」こと西村博之(@hiroyuki_ni)さんなんかも、ベーシックインカムが現実にできないかって模索してる一人。

(ひろゆきさんは『月7万』としてるみたい)

これの何がすごいって、「何もせずに月10万弱もらえる」んだよ?

一律に給付されるって点でどこか社会主義のする制度だと思ったけど、社会主義は「みんなで働いてみんなで同じものもらう」って制度で働くこと前提だから、それを越えてるよね。

だって、何もしてなくても貰えるんだから。

マルクスもびっくりしてんじゃない?

マルクス
マルクス
えっちょっww‥‥マジで?

最後に

以前は「つまんない時代に生まれたな」なんて生意気なこと考えたりしたけど、実際にはむしろムチャクチャ面白い時代に生まれたのかもしれないな。

あと、末尾のアフィリエイトだけど、今度からは気が向いた時にする程度でいいや。(文中でも紹介できるからね)

ってことで今日はこれで終わり。

ではね。